勝川のイベントやいい店情報、魅力を発信「いいね!勝川」

  • 運営会社
  • お問い合わせ
  • facebook

地域の歴史をめぐる

  1. ホーム
  2. 地域の歴史をめぐる

勝満山 崇彦寺 勝川大弘法

勝川大弘法さんと親しまれているご修行のご尊像は、当地の山口悦太郎さんが私財を投入して、昭和三年に建立されました。
毎日多数の方々がお詣りされて、一日中お線香の煙が絶えたことなく、勝川の名所として知られております。

弘法大師ゆかりの東寺にて、毎月21日に開催される縁日を、「勝川弘法市」は、毎月第3土曜日に駅前商店街にて開催しています。
(2001年より開始)

会場:勝川大弘法通り商店街(約300m)
開催日:毎月第3土曜日
開催時間:10:00~17:00
(11月~2月:10:00~16:00)(宵市:7月・8月のみ開催)
出店形態:テントショップ・グルメ屋台・大道芸など

春日井市道風記念館

春日井市では、小野道風の偉業をたたえ、末永く後世に伝えたいと、
昭和五十六年十一月 一日、道風生誕の地と伝えられる松河戸町に「春日井市道風記念館」を開館しました。

全国的にも数少ない書専門の美術館として、また書道史の研究施設として、
書道文化の一層の向上発展に貢献することを目的とした事業を展開しています。

「小野道風」(八九四年~九六六年)平安中期を代表する能書(書の上手な方)です。
道風の家系、小野氏は遣隋使で有名な小野妹子を祖先として、学者や能書を輩出した名族でした。
幼いころから字が上手だった道風は、書を持って宮廷に仕え、数々の輝かしい業績を残しました。
道風の日本書道史上に於ける功績を一口で言えば、それまでの中国に模倣から脱して、
日本の風土や日本人の感性にあった書を創造したことです。

春日井市道風記念館
住所:愛知県春日井市松河戸町946番地2
TEL&FAX:0568-82-6110
開館時間:9:00~16:30
休館日:月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
観覧料:一般100円、高校生・大学生50円、中学生以下無料
※展示室兼会議室使用料は別途必要

二子山古墳

二子山公園は、国指定の史跡である「二子山古墳」を初め、白山神社古墳、御旅所古墳の3つの古墳に囲まれた歴史公園です。

庄内川中流域右岸に、5世紀前半から6世紀中頃まで継続して築かれた首長墓が味美古墳で、中でも味美二子山古墳は、
尾張四番目ないし県下五番目の大きさを誇る前方後円墳です。
古墳は、支持者としての力を誇示するものであり、灌漑技術の進歩を伴いながら、次第にその範囲を拡大していきました。
二子山公園の中央には、円墳をイメージしたハニワの館が建てられ、
ガラス越しに古墳を望むことができる扇形の多目的ホールや埴輪が展示されている展示コーナーがあります。

ハニワの館
住所:愛知県春日井市二子町2丁目11番地1(城北線味美駅から徒歩10分)
TEL:0568-32-9100
営業時間:9:00~17:00
休館日:毎週月曜日、年末年始(12/29~1/3)
(月曜日が祝日の場合は、翌日)
観覧料:無料

勝川地区資料館

春日井市と名古屋市境に流れる庄内川と、その支流である地蔵川によって、
豊かな土壌と環境が育まれ、すでに二千年以上前、この地に米作りが始まりました。弥生時代の開始です。

松河戸から、町田・勝川町にかけて、今四百年にわたる弥生時代の跡を辿ることができます。
長い年月、氾濫を繰り返した二つの河川は、この度に土砂を運び、およそ一メートルの堆積土の下に、弥生時代を包み込みました。

「勝川」地区の時代の変遷を、現存している多くの物から物語っている場所です。

勝川地区資料館
住所:愛知県春日井市勝川町4丁目129番地
開館日:毎週土曜日
開館時間:13:00~15:00
観覧料:無料

勝川天神社

全国には、天神社が一万五千社もあると云われております。
天神社の祭神である菅原道真公が、九州大宰府にて歿せられ、延喜五年(西暦九百五年)、
大宰府・安楽寺の廟所に神殿が建てられたのが、菅原道真公を神として祀られたのが初めとされています。

勝川の天神社は、正和二年(西暦一三一三年)に祀られ、後世に今の勝川へ移されました。
鎌倉時代末期から現在まで、約七百年以上もの歳月に渡り、勝川の人々にお参りされて来たのであります。

平成四年から始まった社殿改築に際し、旧社殿に残されていた木札によりますと、正徳五年(西暦一七一五年)以来、
大正十三年(西暦一九二四年)までに十回に渡り修理が行なわれて来たことが分かっています。

勝川天神社
住所:愛知県春日井市勝川町1丁目3番地2

愛宕社

愛宕神社は、京都に本社があり、分社が全国に八百あります。
勝川の愛宕神社は、その中のひとつです。

勝川町四丁目地内に祀られておりますこじんまりとした神社です。
創建は、定かではありませんが、張洲府誌によれば正和二年に、
古墳の上に鎮座されたと記されています。

祭主は、火具都知命(かぐつちのみこと)で防火、鎮火の神様です。
祭礼日は、一月一日の元旦祭、九月二十四日の秋の例祭があります。
現在の秋の例祭は、秋分の日である、九月二十三日に行なっております。

愛宕社
愛知県春日井市勝川町4丁目118番3-2

このページのトップへ